独自ドメインやプロバイダのメールをGmailで送受信する方法

独自ドメインやプロバイダのメールを、Gmailで送受信する方法を紹介します。

Gmailに独自ドメイン等のメール・アドレスを連携すると、こんなことができます。

  • Gmailアプリを開けば、独自ドメインのメール・アドレスに届いたメールも受信できる(便利)
  • 受信したメールに、独自ドメインのメール・アドレスで、Gmailアプリから返信できる(かなり便利)
  • スマホやタブレット、Mac、PCでメール用のメール・アプリをいくつも設定しないで済む(これ重要)

それでは早速、独自ドメインのメール・アドレスを追加してみましょう。


独自ドメインのメール・アカウントをGmailに追加する

今回は、XSERVERのメール・アカウントをGmailと連携します。

ブラウザ(ここではChrome)でGmailを起動します。

Gmailの設定マーク

ウィンドウ右上の「設定マーク」をクリックします。

Gmailの設定を開く

「設定」をクリックします。

「アカウントとインポート」を開く

「アカウントとインポート」をクリックします。

「メール アカウントを追加する」を開く

他のアカウントでメールを確認 > メール アカウントを追加する
をクリックします。

メールアドレスを入力する

メールアドレスを入力して「次へ >>」をクリックします。

「他のアカウントからメールを読み込む(POP3)」を選択する

「他のアカウントからメールを読み込む(POP3)」を選択して「次へ >>」をクリックします。

メール設定を入力する

「ユーザー名」「パスワード」「POP サーバー」「ポート」を入力します。

下記2項目にチェックを入れ、その他はチェックを外します。
「メールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用する」
「受信したメッセージにラベルを付ける」

「アカウントを追加」をクリックします。

(「メッセージを受信トレイに保存せずにアーカイブする」のアーカイブについては、こちらのページをご覧ください)

Gmailのアーカイブってなに?便利な使い方を3分で紹介

受信したメールアドレスで送信できる設定をする

「はい。○○○@○○○.com(メールアドレス)としてメールを送信できるようにします。」を選択して、「次へ」をクリックします。

別のメールアドレスを入力する

「名前」と「メールアドレス」が正しく設定されていることを確認します。
「エイリアスとして扱います」にチェックを入れて、「次のステップ >>」をクリックします。

別のメールアドレスでの送信設定を入力する

「SMTPサーバー」「ユーザー名」「パスワード」を入力し、「ポート」を選択します。
「SSL を使用したセキュリティで保護された接続(推奨)」を選択します。
「アカウントを追加 >>」をクリックします。

確認コードを入力する

設定したメールアドレスに「Gmail からのご確認 – (メールアドレス) を差出人としてメールを送信します」というタイトルのメールが送られてきます。

そこに記載されている「確認コード」を入力して「確認」をクリックします。

以上でGmailに別アカウントのメールアドレスを追加する設定は完了です。
お疲れさまでした。

独自ドメインのメールをGmailで送受信する

上記で設定したラベルに、独自ドメインのメールが受信されます。

送信元のメール・アドレスを選択する

新規メールを送信するときは、送信元のメール・アドレスを選択できます。
(このGmailでは他に2個の独自ドメイン・メールを追加しているので、合計3個のアドレスからFromを選択できるようになっています)

送信元のメール・アドレスを確認する

返信するときには、送信先のメール・アドレスをクリックすると、送信元のメール・アドレスを確認できます。

送信元のメール・アドレスを選択する


最後に

今回は、更新するのをやめたドメインのメールを「いつでもどこでも簡単に」確認するために、Gmailに移行しました。

以前にも、サービスが終了したフリーメールをGmailに移行して便利だったので、今回も同じように連携しました。

容量15GBを無料で使えるので、とても便利ですね。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!