WordPress Ping Optimizer でPing送信を最適化する

ワードプレスの投稿設定では、記事の公開時だけでなく更新時にもPingを送信します。短時間に何度もPingを送ると、スパムと判断される危険があります。

WordPress Ping Optimizer プラグを導入すると、「記事公開時のみPingを送信して、更新時には送信しない」ようになります。ワードプレスで記事を書くなら必須のプラグインです。


WordPress Ping Optimizer 設定

WordPress Ping Optimizer プラグイン

プラグイン > 新規追加 より「WordPress Ping Optimizer」をインストールします。

WordPress Ping Optimizer 設定画面

「Separate multiple service URIs with line breaks:(送信先URL)」

送信先のリストを貼り付けます。

「Enable pinging」

チェックしてPing送信を有効にします。

「Limit excessive pinging in short time」

Ping送信後、次に送信できるまでの間隔を決めます。

「Save Settings」

設定を保存します。

2018年7月版 PING送信先 最新リスト

正常に送信処理が完了する送信先は下記の通りです。

http://pingoo.jp/ping/
http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.fc2.com/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://blog.with2.net/ping.php/ 
http://ping.blo.gs
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://ping.feedburner.com/
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/あなたの専用Ping送信先情報
http://blog.with2.net/ping.php/あなたのPing送信先情報1/同左2

【2018年7月版】PING送信先の最新リスト

まとめ

なるべく多くの人に記事を読んでもらうために、適切なタイミングでのPing送信と、定期的な送信先リストの見直しをしましょう。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!