AppleWatchとMacの音声テキスト連携はGoogleKeepで

無料アプリで、AppleWatchから音声入力で作ったテキスト・データを、Macと連携できるようになったので使ってみました。


GoogleKeepでAppleWatchとMacの音声テキストを連携する

以前は有料のアプリでしかできなかった、音声テキストのApple WatchとMacでの連携が、Googleキープで無料でできるようになりました。

iPhoneからももちろん入力できますが、小さな声でこっそり入力したいときにはApple Watchが便利ですね。

使い方

AppleWatchでGoogleKeepを起動します。

GoogleKeepでAppleWatchとMacの音声テキストを連携する

  • 画面を長押しするとテキストメモ・マークが出てくるのでタップします。
  • マイクをタップすると、自動的に音声録音が開始します。
  • 入力を終えたら完了ボタンを押します。

音声入力時に英語での入力になってしまう場合は、iPhoneでGoogleKeepのキーボード表示を日本語に変更すれば、日本語で入力できるようになります。

MacでGoogleKeepを開くと、AppleWatchで入力したテキストをコピー・アンド・ペーストして使えます。

欲を言えば、ワンタップで入力できたら楽ですね。

句読点等の入力

  • 。 :「まる」と言えば入力できます
  • 、 :「てん」と言っても入力できません
  • 改行:「改行」と言えば入力できます

最後に

Apple Watchで音声入力をするだけであれば、Macとその音声データを共有するアプリは、今までにも無料でありました。

しかし、その音声データをApple Watchでテキスト・データに変換して、Macと共有する無料アプリはありませんでした。

この連携ができるようになり、非常に便利で使いやすくなりました。

文字起こしの機能も正確で、修正するのは句読点ぐらいです。

神アプリ認定です。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!