【3行書評】ULTRA LEARNING 超・自習法 どんなスキルでも最速で習得できる9つのメソッド

ULTRA LEARNING 超・自習法
どんなスキルでも最速で習得できる9つのメソッド

著者  : スコット・H・ヤング
翻訳  : 小林 啓倫
出版社 : ダイヤモンド社
発売日 : 2020/3/4

学習を始める前の準備に、全体の10%の時間をかける。何を、どんな形で使えるようにするために、どうやって、いつまでに学ぶのか、決める。

実際に使える形で知識を習得していく。

場数が大事。厳しめのフィードバックで精度を上げていく。
スピーチやスタンダップ・コメディーのように人前に立つことへの挑戦であれば、オーディエンスからの反応を多く受けて改善につなげる。

自習や独学をする上で大切なことを伝えているが、学校教育を否定するものではない。使えるリソースが整えられている環境を利用することも大事。

一を聞いて十を知る人の基礎体力は、こういう学び方にあるのかなと、ファインマンの深い思考エピソードで感じました。

計画を立てて満足して終わったことにしてしまいがちなタイプ(アホの極み)なので、読んでよかったです。

今回も3行に収まらなかった。反省。


—– 電子書籍 —–
DMMブックス Amazon Kindle
楽天kobo

—– 紙の書籍 —–
DMM通販本 Amazon
楽天ブックス

関連記事


コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください