ミニマリスト、親の家を片づける【やまぐちせいこ】3行書評

ミニマリスト、親の家を片づける
著者  : やまぐち せいこ
出版社 : KADOKAWA
発売日 : 2017/7/28

いつかは、やらないとなぁ。というフワッとした状態から覚醒できました。

  • 親が安全にものを扱える範囲
  • 片付けやすい、ひと目で分かる部屋作り
  • 子の理想からかけ離れた状況を受け入れるコツ
  • ゴールまでのペース配分と金銭的な役割分担の重要性

とても勉強になりました。

近い将来必ず必要になる親の家の片付け。

元気なうちに本人たちが片付けるのを手伝えるならそれがベストですが、うちの場合は衝突が
多くて、とても手をつけられない状態です。

親の思いを尊重しながら、イライラしないでミッション・コンプリートを目指すコツがいくつも散りばめられていました。

準備すること、思い通りにならない時の心構え、具体的に親にかけるとはかどる言葉、知らずにいたらドツボのにハマること間違いなしの情報が満載でした。

3行をとっくに超えましたが、とにかく、読んでよかった1冊でした。


—– 電子書籍 —–
DMMブックス Amazon Kindle
楽天kobo

—– 紙の書籍 —–
DMM通販本 Amazon
楽天ブックス

関連記事


コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください