文章の問題地図 「で、どこから変える?」伝わらない、時間ばかりかかる書き方 上阪徹 【3行書評】

文章を書くことへの苦手意識を克服し、読み手に伝わる文章を書くコツを学びました。

素材を集めれば文章は書ける。読み手が追体験できるように、自分が感じたことをメモしておく。

ありきたりな形容詞ではなく、具体的な数字で表現する。

誰が何のためにどういう状況で読む文書を求められているのかを、正確に把握する。例えば、議事録を書くにしても、読み手の要求によってまとめるべきポイントが変わってくる。

独りよがりで伝わらない文章の例には、思い当たる節がありすぎて反省しました。


—– 電子書籍 —–
DMMブックス Amazon Kindle
楽天kobo

—– 紙の書籍 —–
DMM通販本 Amazon
楽天ブックス

関連記事


コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください