PhotoScapeXは無料で直感的に操作できる画像編集アプリ

PhotoScape X  (フォトスケープ・テン)は無料のアプリですが、直感的に操作できてデザインもシンプルでかっこよく、今までに使った画像編集ツールで一番使いやすいです。
これまでGimpやInkscapeで使い方に戸惑ったのが笑えるぐらい、簡単で使うのが楽しいツールです。
今では、ほとんどの作業をフォトスケープで行うようになりました。(透過はプレビューでやっています)
特によく使う、ブログにアップする画像の処理で必要な操作をまとめました。


PhotoScape X を使い始める前の準備(mac編)

画像ファイルをフォトスケープで開く

macの場合、画像ファイルをダブルクリックすると「プレビュー」で開く設定になっています。
私は画像をPhotoScape X で編集するので、デフォルトで開くアプリをPhotoScape X に変更しました。(必要ない場合や、設定の変更が不安な場合は飛ばしてください)


jpg、png画像ファイルをフォトスケープ・テンで開くように設定します。

画像の情報を見る

画像ファイルを右クリックして「情報を見る」を選択します。

このアプリケーションで開く

「このアプリケーションで開く」欄で「 PhotoScape X 」を選択して、「すべてを変更」をクリックします。拡張子ごとに、この設定をします。

フォトスケープ・テンの起動時に画像編集画面を開く

フォトスケープ・テンを開いたときに、画像編集画面が表示されるようにします。

PhotoScape X の設定画面を開く

画面右上の「設定」をクリックして「環境設定」を表示します。

PhotoScape X の環境設定

「エディタータブを開く」を選択します。

画像を編集する

画像を読み込む

PhotoScape X のエディタータブ

フォトスケープ・テンを起動して、エディタータブに画像をドロップします。

(上記の設定で、「画像ファイルをフォトスケープ・テンで開く」ように指定しているときは画像をダブルクリックして開きます)

四角の枠で囲む

PhotoScape X の編集で挿入を選択

「挿入」をクリックします。

四角枠を選択

四角枠を選択します。

色を選択

1.パレットから色を選ぶか、

2.カラーコードを入力して、枠の色を選択します。

四角枠を書く

ドラッグして枠を書きます。

四角枠の設定ウィンドウ1

上記の枠の設定はこちらです。

四角枠の設定ウィンドウ2

先の種類を点線に、厚さ(幅)を20から50に、不透明を100から20に変更してみました。

四角枠を書く2

変更後の枠はこちら。

四角で塗りつぶす

PhotoScape X の編集で挿入を選択

「挿入」をクリックします。

四角を選択

四角を選択します。


色を選択

1.パレットから色を選ぶか、
2.カラーコードを入力して、枠の色を選択します。

四角で塗りつぶした図

ドラッグして四角を書きます。

塗りつぶすパターン

カラーの右側の枠では、塗りつぶしのパターンを設定できます。

矢印を書く

PhotoScape X の編集で挿入を選択

「挿入」をクリックします。

矢印を選択

矢印」を選択します。

矢印を書く

ドラッグして矢印を書きます。

矢印の設定ウィンドウ

矢印の色や線の種類、線の角度、線の先端の種類を選択できます。

文字を書く

PhotoScape X の編集で挿入を選択

「挿入」をクリックします。

テキストを選択

テキスト」をクリックします。

テキスト枠の表示

テキスト枠が表示されます。

テキストの設定ウィンドウ

テキスト欄に文字を記入します。

文字を書く

入力したテキストが表示されます。

モザイク・ぼかしを入れる

PhotoScape X の編集で挿入を選択

「挿入」をクリックします。

フィルターの種類を選択

フィルターの種類を選択します。

フィルターを設定

ドラッグでモザイクなどのフィルターをかける位置を指定します。

拡大・縮小する

サイズ変更ウィンドウを開く

> 編集 > サイズ変更

サイズ変更ウィンドウを開きます。

サイズ変更の設定ウィンドウ

縦横比を維持するときは、「縦横比を固定」をチェックします。

幅と高さの値か、縦横比を入力して、「適用」をクリックします。

切り抜き

切り抜きの設定ウィンドウを開く

> 編集 > 切り抜き

切り抜きウィンドウを開きます。

切り抜きの設定ウィンドウ

切り抜き > 自由

切り抜きたい部分を選択して、

画像を切り抜く1

切り抜きウィンドウの「切り抜き」をクリックします。

画像を切り抜く2

選択した部分が切り抜かれます。

切り抜きの設定ウィンドウ2

「カスタム」を選択すると、サイズか比率で切り抜きができます。

保存する

保存ウィンドウを開く

画面の左下にある「保存」をクリックします。

保存ウィンドウ

画像を再度、編集するときは、「プロジェクトを保存」して、引き続き加工できるようにします。

加工後の画像だけを保存するときは「保存」、ファイル形式を変えるときは「別名で保存」をします。

画像の位置情報やEXIFを削除するときは、「メタデータを保存します」のチェックを外します。

ウォーターマーク(透かし)を挿入する

「画像」に「画像」のウォーターマークを挿入します。

ウォーターマークの編集画面

1.「一括編集」をクリックします

2.ウォーターマークを入れたい画像をドラッグ&ドロップします。

ウォーターマークを入れる画像

上部にウォーターマークを入れる画像が表示されます。

> 挿入 > + > イメージ

ウォーターマークの設定ウィンドウ1

ウォーターマークとして挿入する画像を選択します。

ウォーターマークとして挿入する画像選択

「開く」をクリックします。

ウォーターマークの設定ウィンドウ3

1.表示位置や

2.不透明などを設定して、

保存をクリックします。

ウォーターマークの保存ウィンドウ1

ファイル名の前後に文字を付けたり、リネームして保存できます。

「保存先」を「サブフォルダ」にすると、リネームしないで保存できます。

ウォーターマークの保存後のウィンドウ

加工後の画像をチェックします。


最後に

今回はブログに載せる画像を編集するのに使う、基本的な操作をまとめました。

フォトスケープ・テンは、もっと高度で面白い加工がたくさんできるので、挑戦していきたいと思います。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!