macでログイン時に自動的に開くアプリを追加&削除する

mac で ログイン 時に 自動的 に開く アプリ を指定する方法を解説します。

毎日使うアプリを、毎回DockやFinderから立ち上げるのが面倒ですよね。

起動時に開くように設定しておけば手間が省けます。

でも、あまりたくさん開きすぎると動作が遅くなるので必要最低限にしておきましょう。


macでログイン時に自動的に開くアプリをシステム環境設定から追加する

メニュー > システム環境設定

macでログイン時に自動的に開くアプリを指定-システム環境設定

「ユーザとグループ」をクリックします。

macでログイン時に自動的に開くアプリを指定-ユーザとグループから追加

「ログイン項目」を選択します。

「+」をクリックして、「Finder」を表示します。

macでログイン時に自動的に開くアプリを指定-ユーザとグループ-Finderから追加

追加するアプリを選択して「追加」ボタンをクリックします。

前述の「ログイン項目」のリストに、追加したアプリが表示されます。

Dockから追加する

「Dock」より対象のアプリを右クリック > オプション

macでログイン時に自動的に開くアプリを指定-Dockから追加

「 ログイン時に開く」を選択します。(Dockは画面右側に表示しています)


自動的に開くのをやめる(削除する)

メニュー > システム環境設定

macでログイン時に自動的に開くアプリを指定-システム環境設定

「ユーザとグループ」をクリックします。

macでログイン時に自動的に開くアプリを指定-ユーザとグループから削除

「ログイン項目」を選択します。

「+」をクリックして、「Finder」を表示します。

削除したいアプリを選択(行の色を青く反転)して、「-」ポタンをクリックします。

前述の「ログイン項目」のリストから、削除したアプリが消えます。

まとめ

簡単な設定で作業が捗るので、項目を定期的に見直しています。私のMacはベテランさんなので、あまりたくさん起動しすぎるとすぐに動作が遅くなります。欲張って起動するアプリを増やしすぎないように注意しています。


関連記事

コメント

  1. りょうすけ より:

    とても役に立ちました!ありがとうございます!

    1. マネージャー より:

      ご丁寧にありがとうございます!!

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!