自撮り写真で「自分の似顔絵」を作ってGBoardのステッカーで送ろう

ステッカーの使い方は簡単!GBoardから今すぐ使える!

GoogleのキーボードアプリGBoardの「Minis」なら、自撮り写真から自分に似たオリジナルのステッカーを作れます。
早速、ミニ・ミー(ちっちゃい自分) を作ってみましょう。

Google GBoardのアイコン

GBoardの設定については、こちらをご覧ください。

簡単設定!GoogleのキーボードアプリGBoardでできることと使い方

GBoardのステッカーの作り方

「Minis」で自分に似たオリジナル・ミニステッカーを作ります。

Googleでステッカーを作る

GBoardアプリを起動して、メニュー画面で「ステッカー」をクリックします。
「作成」をクリックして、自撮りします。

ステッカーをカスタマイズする

2種類の「ミニ」ができるので、お好みでカスタマイズします。

カスタマイズしたステッカー

顔の形、あごの長さ、肌の色、髪型、など、スクロールすると項目を選べます。
カスタマイズできたら、最後に「保存」をクリックします。
「ハートマーク」を付けてお気に入りに登録しておくと、ステッカーを送るときに選びやすくなります。

お気に入りのステッカー

ステッカーの送り方

キーボード入力をするアプリなら、使い方は同じです。
(LINEでもメモでもInstagramでもPinterestでも基本的な動作は一緒です)
ここではGmailで使ってみます。

Gmailにステッカーを挿入する準備

「地球のアイコン」を長押しして、「Gboard」を選択します。

Gmailにステッカーを選ぶ

「絵文字アイコン」をクリックして「ステッカー・アイコン」をクリックすると、「ハートマーク」を付けてお気に入りに登録したステッカーが表示されます。

Gmailにステッカーをペーストする

ステッカーを選択するとコピーできるので、本文にペーストします。

Gmailにステッカーをペーストした

Gmailでは動くステッカーが送れますが、LINEでは画像として送られます。


まとめ

自分に似ている絵文字(というよりスタンプですかね)、’Mini’ Me の作り方と、ステッカーの送り方をまとめました。

オリジナル・ミニステッカーは将来的に、もろもろ可能な範囲でもっと似ている絵になってくるのでしょうか。
楽しみですね。

GBoardの設定については、こちらをご覧ください。

簡単設定!GoogleのキーボードアプリGBoardでできることと使い方

関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!