Windowsでウィルス対策ソフトMcAfeeをアンイストールした手順

ウィルス対策ソフトMcAfeeの有効期限が切れたのでアンイストールしました。
その時の手順をまとめました。

McAfee延長メッセージ

これまで使っていたウィルス対策ソフトのMcAfeeで「セキュリティ対策の有効期限が終了しました。」というメッセージが表示されました。
パソコン購入時に最初からインストールされていた体験版です。

WindowsとMacでセキュリティ対策アプリの導入を検討中なので、とりあえずMcAfeeは継続しないことにしました。

とは言えウィルスやマルウェア、アドウェアの脅威はあなどれません。

アプリを購入するまでの間は、Windowsに標準搭載されていて無料で使えるセキュリティ・アプリ「Windows Defender」に頼ることにしました。


Windowsでウィルス対策ソフトをアンイストールした手順

コントロールパネルのプログラムのアンイストールで、McAfeeをアンイストールします。

コントロールパネルを検索する

「Windowsメニュー」をクリッして、「コントロールパネル」を検索します。

「プログラム」を表示する

「プログラム」をクリックします。

「プログラムのアンイストール」を表示する

「プログラムのアンイストール」をクリックします。

「マカフィー リプセーフ」を選択する

「マカフィー リプセーフ」をクリックします。

「マカフィー リプセーフ」をアンイストールする

両方にチェックを入れて、すべて削除します。

Windows Defender「ウイルスと驚異の防止」メッセージ

アンイストールの最中に「ウイルスと驚異の防止」というメッセージが表示されたら、クリッして「Windows Defender」を有効にします。

Windows Defender 有効化確認画面

「ウイルス対策」が有効になっていることを確認します。

McAfee アンイストール完了画面

「今すぐ再起動」をクリックします。
パソコンを再起動すると、McAfeeが完全に削除されます。

アンイストールは以上です。
お疲れさまでした。

最後に

ウイルス対策企業が3社まとめてハッキングされ30TBのデータが流出、ハッカーは30万ドルで買い手を募集中 – GIGAZINE

こんなニュースが飛び込んできましたが、「Windows Defender」には関連しないことを祈るばかりです。

それでは、ごきげんよう。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!