Googleアナリティクスのデータ保持期間を伸ばす設定

Googleアナリティクスで「データ保持期間」の設定は、デフォルトままだと「26ヶ月間」ですが、「自動的に期限切れにならない」ように変更することができます。

過去のアクセス状況と現状を比較するときに便利です。




Google アナリティクス データ保持期間は「26ヶ月間」

Google アナリティクスのデータ保持期間は、GDPRが施行される2018年5月25日移行、「26ヶ月間」になりました。

Google アナリティクス をデフォルトのまま使っていると、過去のデータは「26ヶ月間」しか保存されません。

それより古いデータは削除されるので、アクセス情報を現状と比較できなくなってしまいます。

でも安心してください。

「データ保持期間」の設定を変更すれば、「26ヶ月間」より前のデータを保存できるようになります。

データ保持期間を変更する方法

Google アナリティクス > 管理

アカウント > プロパティ > トラッキング情報 > データ保持

「ユーザーデータとイベントデータの保持」で「自動的に期限切れにならない」を選択して、「保存」をクリックします。

プロパティを複数管理しているときは、プロパティごとに上記の設定が必要です。




なぜデータ保持期間は26ヶ月間がデフォルトなのか

「データ保持期間」の設定は、EU一般データ保護規則(GDPR)、欧州の個人データ保護に関する新しい規則に準拠するためのものです。

以下、Googleの利用規約を引用します。

データの保持
Google アナリティクスのデータ保持コントロールを使用すると、保存されたユーザー単位やイベント単位のデータがアナリティクスのサーバーから自動的に削除されるまでの期間を設定できます。

ユーザーおよびイベントのデータ保持
保持期間は、Cookie、ユーザーの識別子(例: ユーザー ID)、広告 ID(DoubleClick Cookie、Android の広告 ID、Apple 広告主向け識別子など)に関連付けられたユーザー単位やイベント単位のデータに適用されます。

データの保持 – アナリティクス ヘルプ

GDPRは2018年5月25日に施行されるので、早い段階で「データ保持期間」の変更をすることをお薦めします。

注意

EUを拠点としていなくても、EUからのアクセスがある多言語サイトなどは、設定の変更に関して注意が必要です。ご確認ください。

個人で運営しているブログでのGDPR対策は、こちらのサイトで非常に丁寧に解説されています。気になる方はご覧ください。

個人ブログのGDPR対策ガイド | TokoAruga.com

まとめ

2018年5月25日移行、Google アナリティクスをそのまま使うと、それまでのアクセス状況データは「26ヶ月間」のみ保存されます。

データの保存期間を変えたいときは、Google アナリティクスの管理画面から変更できます。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!