Macで解凍した圧縮ファイルを自動的に削除・移動する方法

Macで解凍した圧縮ファイルを自動的に削除する方法を紹介します。

Macで圧縮ファイルを展開すると、展開前のファイルと展開後のファイルが、どちらも残ります。

展開前のファイルは使わないので、手動で削除したり別のフォルダに移動したりしていましたが、ちょっと手間ですよね。

解凍したファイルだけ残して、解凍前のファイルは自動的にゴミ箱や別の場所に移動してみました。




Macで解凍した圧縮ファイルを自動的に削除する

Macで圧縮ファイルを解凍するときに使う「アーカイブユーティリティ」アプリの設定を変更します。

「アーカイブユーティリティ」アプリは、Macに標準搭載されている圧縮・解凍アプリです。

「アーカイブユーティリティ」を開く

Finder で、下記の場所にある「アーカイブユーティリティ」をダブルクリックで開きます。

Macintosh HD > システム > ライブラリ > CoreServices > Applications > アーカイブユーティリティ.app

環境設定を変更する

メニューより「環境設定」を開きます。

Macで解凍した圧縮ファイルを自動的に削除する設定

「展開後」の設定を変更します。

圧縮ファイルを削除する場合は、「アーカイブをゴミ箱に入れる」をチェックします。

圧縮ファイルを別の場所に移動する場合は、「アーカイブを移動…」をクリックして、次のウィンドウで移動先のフォルダを選択します。

最後に

細かいことではありますが、わざわざ元のファイルを処理する手間が省けて、スッキリしました。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!