Macで流れている音を録音する方法

Macで流れている音を録音して、ハードディスクに保存する方法を紹介します。

録音ファイルをセーブするために、下記の2つのアプリを使います。

QuickTime Player(Macで動画や音楽を再生する標準アプリ)
Soundflower(出力音源を指定するアプリ)


soundflowerをインストールする

ダウンロードはこちら
Releases · mattingalls/Soundflower · GitHub

Soundflower.pkg ファイル

「Soundflower-2.0b2.dmg」を開いて、「Soundflower.pkg」をダブルクリックします。

「“Soundflower.pkg”は、開発元が未確認のため開けません。」
というメッセージが表示されたら、下記のページをご覧ください。

Macで「開発元が未確認のため開けません。」アプリをインストール・起動できないときの対応 – アンフィニ・ラボ

Macで流れている音を録音する

「Soundflower」で音源を設定して、QuickTime Playerで録音・ファイルを保存します。

サウンド

メニューバー >  > システム環境設定…
「サウンド」をクリックします。

サウンドの設定ウィンドウでSoundflower (2ch)を選択する

出力 > 「Soundflower (2ch)」を選択します

QuickTime Playerを起動する

アプリケーション > QuickTime Player を起動します。

QuickTime Player オーディオ収録を選択する

ファイル > 新規オーディオ収録

QuickTime Player 出力装置に「Soundflower(2ch)」を指定する

Soundflower (2ch)を選択して、録音を開始します。

注意:Soundflowerを使って出力設定を変更しているため、録音中はMacから音が聞こえません。

QuickTime Player オーディオ収録を確認する

録音を終了後、QuickTime Playerで音声ファイルを確認します。

QuickTime Player Macで録音したファイルを保存する

オーディオを収録できていたら、ファイルを保存します。

サウンドの設定ウィンドウで内蔵スピーカーを選択する

録音が終わったら、サウンド出力の設定を「内蔵スピーカー」に戻します。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!