無料でWebとアプリと全画面の操作を録画できるAperture

無料でWebの操作動画を録画できるApertureは、Chrome以外のアプリでの操作も録画できる、Chromeの拡張機能です。

その上なんと、ディスプレイ全体の動きを録画することもできます。

ちょっと使い方を説明したいときに便利です。

さっそく使ってみましょう。


無料でWebの録画ができるApertureを使ってみる

Aperture をChromeに追加する

ApertureをChromeに追加する

chrome ウェブストアで Aperture をChromeに追加します。

Webページを録画する

Apertureのアイコン

アイコンをクリックしてApertureを起動すると、「画面を共有する」ウィンドウが表示されます。

Apertureで画面を共有するウィンドウ

録画する範囲を、

  • 全画面
  • アプリケーション ウィンドウ
  • Chrome タブ

から選びます。

今回はChromeタブで、ブラウザを操作するところを録画します。
Chrome タブを選択して「共有」をクリックすると、録画が始まります。

操作を終えたら、Aperture アイコンをクリックすると録画が終了して、撮った動画が新規タブで表示されます。

EDITORで動画を編集・保存する

新規タブで表示された録画データは、「スナップショットを撮る」「ダウンロードする」「トリミングする」ということができます。

スナップショット

Apertureでスナップショットを撮る

「スナップショット」をクリックすると、表示中の画面のスナップショットが新しいタブに表示されます。

ダウンロード

Apertureで録画データをダウンロードする

画面右下の「ダウンロード」をクリックすると、WebM形式かMP4形式でローカルにダウンロードするか、クラウドに保存できます。

Apertureで録画データをクラウドにダウンロードする

「クラウド」をクリックすると、「MY VIDEOS」に保存されます。

トリミング

ApertureのEDITORで動画をトリミングする

動画の終了時間を編集できます。

画面下のスクロールバーを移動して、動画の長さを調整します。

11秒だった動画を5秒に編集してダウンロードして再生すると、確かに5秒になっていました。

PREFERENCES(環境設定)

Apertureの環境設定

録画データの品質を、

  • Normal
  • High
  • Best

から選択します。

音声でマイク入力の設定もできます。

最後に

何より使い方が簡単で、Chromeの拡張機能なのにChrome以外のアプリでの操作や、ディスプレイ全体での操作も動画保存できるのが嬉しいですね。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!