Advanced AdsがAdSenseや広告設置で一番お勧めな理由と超簡単な使い方

WordPressで広告を設置するなら、Advanced Ads が最適です。
これまでに使ったプラグインやコードの修正では面倒だったり、実現できなかった設定を、嘘のように簡単に実現できました。
もちろん修正も簡単です。
AdSenseに限らず、他のアフィリエイト広告でも、記事に必ず載せたい情報でも、一括で設定することができます。
それでは早速、使ってみましょう。


Advanced Ads でできること

  • PCとスマホで、異なる広告を表示できる
  • PHPコードを実行できる
  • 自動・手動で広告を設置できる
  • 広告を貼る位置を細かく指定できる
  • 広告を非表示にするページを指定できる
  • インポート・エクスポート機能がある

細かいところでは、回り込みを防いだり、マージン指定できたり、至れり尽くせりです。
テーマをいじらなくても、プラグインでこれだけのことができます。
アップデートも頻繁にされていて安心です。
無料でこんなに高機能なんて、Thomas Maier さん、ありがとう!
なお、サポートもスーパー充実しているようです。
評価のお返事も心温まるメッセージを速攻でくれます。

インストールと設定

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加
「Advanced Ads」をインストール、有効化します。

WordPress管理画面 > AdvancedAds

「404エラーのページ上で広告を無効にします。」にチェックします。
ページが見つからないときのエラーページに、広告が表示されないようにします。
あとはデフォルトでもOKです。


使い方

広告をサイトに表示する流れ

  • 「広告」を作る
  • 作った広告を設置する

「広告」を作る方法は2つあります。

  • ウィザードを使う
  • 手動で設定する

今回は、手動で広告を設置します。

「広告」を作る

WordPress管理画面 > AdvancedAds > 広告
「新しい広告」をクリックします。

タイトル

広告のタイトルを入力します。
後で広告を設置するときに選びやすい名前を入れます。
私は場所をタイトルに入れていますが、広告の種類やサイズが含まれていてもわかりやすいです。

広告タイプ

「プレーン テキストとコード」を選択します。
(AdSenseの場合は、「アドセンス広告」でもOKです)

広告パラメーター

フィールド     :広告のコードを入力します。
PHP コードを実行  :PHPを記述したいときはチェックします。
(AdSenseの広告コードをそのまま使うときはチェック不要です)
ショートコードを実行:個別に好きな場所に広告を挿入したいときチェックします。


レイアウトと出力
次の要素を広告の周りに浮かべたくない場合は、これをチェックします。
  文字の回り込みを防ぎます。

表示条件

広告を表示する場所を選択します。
投稿記事のみに広告を表示する場合は、


投稿タイプ > 一致、投稿
を選択します。

画面右上の「公開」ボタンをクリックして、設定を保存します。

作った広告を設置する

広告を設置する方法は2つあります。

  • 自動で一括表示する
  • 手動で個別に表示する

それぞれの手順を見ていきましょう。

自動で一括表示する

WordPress管理画面 > AdvancedAds > 設置 > 配置の新規作成
より、広告の設置場所を設定します。


今回は、「コンテンツの後」を選択します。


配置の名前を設定します。

上記で作成した広告を選択して、「新しい配置を保存」をクリックします。

配置する場所に「コンテンツ」を選ぶと、

「2番目の見出しの前」「5番目の段落の後」というように指定できます。
(2018年某日現在、表示場所の順序を変更すると、設定が効かなくなる場合があるので確認中です。変更しなければ問題なく動きます。週末に突入したので、週開けに動きがあったらいいなと思っています)
2018年某日(当日)追記:Thomasさんが速攻で対応してくれました。週末だっていうのに。なんていい人なんでしょう。

これで、広告が表示広告が表示されるようになりました。
お疲れさまです。

(AdSenseでは、実際に広告が表示されるまでに、しばらく時間がかかる場合があります)

手動で個別に表示する

記事の投稿画面で広告を挿入します。

ビジュアル・エディタの場合


「Adボタン」をクリックしてすると、「広告を追加」ウィンドウが表示されます。


クリックすると広告のリストがプルダウンで表示されるので、該当の広告を選択して、「ショートコードを追加」をクリックします。

テキスト・エディタの場合


「広告を新規追加」や「広告編集」画面でショートコードをコピーして、任意の場所にペーストします。

AddQuicktagプラグインでショートコードを登録しておくと、瞬時に広告を貼れます。

削除や場所の変更も個別にします。
一括での変更・削除はできないのでご注意ください。

まとめ

「AdvancedAds」は広告を貼るのはもちろん、様々な使い方ができます。
私は本番環境ではAdSenseを、テスト環境では同じサイズのダミー画像を表示してチェックしています。
変更や削除も簡単で、表示する内容も自由に設定できるので、サイトの可能性が広がりますね。
ぜひ試してみてください。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!