Mac画面を録画してGIFで保存!GIPHYなら無料で即出力できるよ

ひとつのアプリで、Macの画面でキャプチャ動画を撮ってGIFアニメーションで出力できる「GIPHY Capture」を紹介します。


GIPHY Capture でGIF動画を作る

これまで、

  • アプリで動画をムービーで撮影する
  • 別のアプリでgif形式に変換する

と2段階だった作業が、無料アプリひとつで完了します。
録画して直接GIF アニメを作れるので、時短に最適です。

インストール

「GIPHY Capture. The GIF Maker」は App Store から入手できます。


録画する

GIPHYを起動します。

緑の部分が撮影できる範囲です。
右下の設定の横をドラックしてサイズを変更します。

赤い丸のボタンをクリックすると録画を開始します。
録画を終了するときも、赤いボタンをクリックします。

GIFアニメを出力する

録画画面の下に、録画したファイルが表示されます。
クリックすると、編集ウィンドウが表示されます。

紫色のゲージを移動すると、出力する長さを調整できます。

出力されるファイルのサイズを小さくしたいときは、「Pixcel Size」と「Frame Rate」を変更します。

調整後、「SAVE AS…」をクリックします。

Format:GIF
「Save」をクリックしてGIFを保存します。

まとめ

録画して、そのまま編集もGIF保存もスピーディーにできて、生産性UPの味方ですね。
画像で説明するより、動きがあったほうが伝わりやすいときに大活躍です。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!