フォントのサンプルをMacで作る

Macでフォント・サンプルを作る方法を紹介します。

フォントを選ぶときに、アプリでひとつずつスクロールしてデザインを確認するのは面倒ですよね。

Macにインストールされているフォントを一覧表示するサンプルがあれば、迷わずサッと選べて便利です。

途中で「AppleScriptエディタ」というアプリを起動します。
使ったことがないと不安かもしれませんが、安心してください。
ボタンをひとつクリックするだけです。

それでは、サンプルを作ってみましょう。


フォント・サンプルの作り方

「アプリケーション」フォルダにある「Font Book」アプリを開きます。

「すべてのフォント」を選択してから、右側のフォントをひとつ選択します。

⌃ Control + A をクリックして、フォントをすべて選択した状態にします。

Finderに移動します。
⌘ Command + ⇧ Shift + G を押します。

「/ライブラリ/Scripts/Font Book」と入力して「移動」をクリックします。

コピーしました

(OSによっては、「/Library/Scripts/Font Book」と入力する場合もあります)

「Create Font Sample.scpt」をダブルクリックすると、「AppleScriptエディタ」が開きます。

「▶ 実行」をクリックすると、「テキストエディット」にサンプルが出力されます。
ゆっくり書き出すので、少し時間がかかります。

途中でフォントのダウンロードを促すメッセージが表示されたら、ダウンロードします。

必要なければ、「Font Book」で不要なものは選択しないで「Create Font Sample.scpt」を「実行」します。

処理が終わったら「Font Book」と「AppleScriptエディタ」を終了します。

完成したサンプル

このようなサンプルができます。
保存してご利用ください。

最後に

サンプルの文章はすべて英数字です。
日本語フォントは若干わかりにくいのが残念ですが、そこは妄想力で補って使っています。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!