MacでChromeやアプリがフリーズして再起動できないときはコレを試して!

MacでGoogle Chrome が強制終了できない!
アプリがフリーズしてMacを再起動・終了できない!
そんなときには、WindowServer を強制終了すると復活するかもしれません。




Mac WindowServerとは何か

WindowServerは、macOSとすべてのアプリが画面上に描画するグラフィックを表示するために使用するプロセスです。
(ウィンドウ・サーバとは違います)

ウィンドウ・サーバがメモリとCPUを大量に消費することにより、使用中のアプリが固まって、Macを再起動・終了できなくなることがあります。

なぜ WindowServer はメモリとCPUを大量に消費するのか

すべてのアプリが WindowServer と通信して、ディスプレイ上にグラフィックを描きます。
スクリーンに表示されているものを常に変更するプログラムはWindowServerを相当に使用するため、メモリとCPU使用率が急上昇します。




MacでアプリがフリーズしたときにWindowServerを強制終了する方法

Finder > アプリケーション > ユーティリティ > 「アクティビティモニタ」を開きます

  1. 「Window」を検索します
  2. 「WindowServer」を選択します
  3. 「☓」をクリックします

「強制終了」をクリックします。

WindowServerがメモリとCPUを大量に消費するのを防ぐ対策

アプリのフリーズを防ぐために有効な対策は以下の通りです。

  • デスクトップのフォルダとファイルを減らす
  • 使っていないアプリ、ウィンドウ、タブを閉じる
  • ディスプレイの透明度を下げる
  • システム環境設定 > アクセシビリティ > ディスプレイ > 「透明度を下げる」をチェックする

できることからコツコツと。(LOVE きよし師匠)

まとめ

つい開きすぎてしまうアプリやウィンドウ、タブをこまめに消すことも大事なんですね。

ディスプレイの透明度を下げる設定は、特に古いMacで有効なようです。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!