Macでファイルやフォルダにパスワードをかけて秘密を守る方法2選

Macでファイルやフォルダを暗号化するには、データを直接暗号化する方法と、暗号化したイメージディスクにファイルやフォルダを格納する方法があります。

それぞれ、詳しく解説していきます。


ファイル自体を暗号化する方法

ZIPファイルにパスワードをかけます。

ファイルやフォルダを圧縮する

パスワードをかけたいファイルやフォルダを右クリックで圧縮します。

ターミナルでパスワードを設定する

Finder > アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル を起動します

zipcloak + 半角スペース + ZIPファイルをドロップします

enterをクリックします。

パスワード入力を2回繰り返します。
このとき、パスワードは表示されません。

enterをクリックします。

パスワード・ロックが完了しました。

ロックしたZIPファイルを開くと、パスワード入力を求められます。

パスワードを解除するときは、ターミナルで下記のコマンドを実行します。

zipcloak + 半角スペース + -d + 半角スペース + ZIPファイル名

エラーになってパスワードを解除できないこともあるので、そうなったらパスワードを入力して解凍後、再度圧縮します。

ディスクイメージを暗号化してデータを保存する方法

暗号化したイメージディスクにファイルやフォルダを格納する方法です。

暗号化されたディスクイメージを作成する

Finder > アプリケーション > ユーティリティ > ディスクユーティリティ を起動します

メニューバー > ファイル > 新規イメージ > 空のイメージを作成… を選択します

名前(上):ディスクイメージの名前
名前(下):ボリューム名
サイズ  :容量がもっと必要なときは変更します
暗号化  :「128ビット AES暗号化」を選択します

パスワードを入力て選択をクリックします。

ディスクイメージが作成されました。

ファイルを格納する

Finderに作成したディスクイメージが表示されます。
ロックを掛けたいファイルをドロップします。

この状態だとパスワードを入力しなくてもファイルを開けられます。
暗号化したら必ず「イジェクト」をクリックして取り出します。

暗号化したデータを参照するときは、デスクトップの「TestImage.dmg」をダブル・クリックして開きます。

パスワード入力を求められますが、「パスワードをキーチェーンに保存」すると誰でもアクセスできるようになるので、チェックしてはいけません。


まとめ

ファイルやフォルダを単体で暗号化して送付したいとき等はZIP、共有スペースや自機での秘密保持ならディスクイメージ、といったところでしょうか。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!