PhotoScapeXで透過ができる!画像の背景を透明にしよう

PhotoScapeXで画像を透過できるんです!背景を透明にしてみました。

単純なイメージなら、一瞬で処理できます。


PhotoScapeXで画像を透過する

マジック消しゴムでカットアウトする

「カットアウト」で画像を表示します。

透過処理前の画像

「マジック消しゴム」を選択します。

消したい部分にカーソルを合わせます。

画像の背景をの白い部分にカーソルを合わせると、カラー・コードが表示されます。
(スクリーンショットでは消えていますが、「+」マークが表示されるので、それを消したい色に合わせて色を指定します)

消したい色にカーソルを合わせて、クリックします。

PhotoScapeXで透過した画像

背景の白い部分が消えて、透過されました。
画面右側の「適用」と「保存」をクリックして完成です。

設定する項目について

PhotoScapeXで画像を透過する各種設定

許容値

消す色の範囲を指定します。

数値が小さいほど、選択した色に近いカラーのみが透過されます。
数値が大きくなるほど、より広い範囲の色が透過されます。

隣接

チェックあり:クリックした部分と隣り合う部分のみ透過されます。
チェックなし:クリックした部分と近い色の範囲をすべて透過します。

アンチエイリアス

チェックすると、境界線がギザギザにならずに、なめらかに表現されます。
チェックしておく方がきれいに仕上がります。

透明ピクセルをトリミング

チェックすると、画像の外側の透過された部分を切り取り、画像のある部分のみを自動的に残します。

マスクを反転

透過部分と、色のある部分を反転表示させます。

カラー

透過した部分の色を選択します。

最後に

意外と簡単に透過処理ができて、サイズの最適化も自動でやってくれるので便利ですね。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!