MacのFinderでカラムの幅を変更して固定させる2つの方法

MacのFinderでカラムの幅を変更して、たったの2クリックで設定を固定する方法を紹介します。

長めのファイル名が全部表示されないとき、フォルダを表示するたびにドラッグして幅を変えるのは超絶面倒です。

デフォルトの設定を自由に変更しましょう。


ドラッグして固定する

MacのFinderでカラムの幅をドラッグで変更して固定する

上図の矢印で指した境界線を、⌥ Optionを押しながらドラッグします。

ここで指定した幅が記憶され、他の場所に移動しても全てのカラムがこの幅で表示されます。

右クリックで固定する

MacのFinderでカラムの幅をドラッグで変更して固定する

上図の矢印で指した境界線を右クリックすると、メニューが表示されます。

このカラムのサイズを調整左側のカラムだけ調整します
すべてのカラムのサイズを個別に設定すべてのカラムをそれぞれの最適な幅に調整します
すべてのカラムを同じサイズに設定すべてのカラムを一括でMAXの幅に揃えます

いま開いている場所の左側に対して設定するので、フォルダ内を全て調整したいときは、最下層で設定します。


ダブルクリックで一時的にカラムの幅を調節する

MacのFinderでカラムの幅をドラッグで変更して固定する

一般的によく使われる方法です。

上図の矢印で指した境界線をダブルクリックすると、自動的にフォルダ内の最長のファイル名(フォルダ名)がすべて見られる幅に変更されますが、この変更は一時的なものです。

別の場所に移動して戻ってくると、変更前のデフォルトの幅に戻ってしまいます。

最後に

Macを使い始めてすぐに知りたかった機能でした。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!