Googleで英語の検索結果を表示する方法/スペイン語/フランス語/イタリア語/韓国語も行けます

普通にGoogleを使っていると、英語の記事を探していても検索結果に日本語のページが表示されてしまいます。
(スペイン語/フランス語/イタリア語/韓国語も同様です)
Googleは日本からのアクセスに対して、日本のサイトを強制的に表示するようです。
英語で書かれたサイトを参照するには、検索画面でパラメーターを指定する必要があります。
パラメーターを指定することで、言語指定やサイトのリダイレクトを回避します。


英語のサイトをGoogle検索するURL
(スペイン語/フランス語/イタリア語/韓国語も)

英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、韓国語の検索結果を表示するURLは下記の通りです。

英語
https://www.google.com/webhp?gl=us&hl=en&gws_rd=cr&pws=0

スペイン語
https://www.google.es/webhp?gl=es&hl=es&gws_rd=cr&pws=0

フランス語
https://www.google.fr/webhp?gl=fr&hl=fr&gws_rd=cr&pws=0

イタリア語
https://www.google.it/webhp?gl=it&hl=it&gws_rd=cr&pws=0

韓国語
https://www.google.co.kr/webhp?gl=kr&hl=ko&gws_rd=cr&pws=0

パラメーターの意味

gl=us と hl=en

gl は国名コードを指定します。
  ISO 3166の第一の部分 国名コード(ISO 3166-1 alpha-2)

hl は言語コードを指定します。
  ISO 639の言語コード(ISO 639-1)

国名コード gl 言語コード hl
日本 jp ja
アメリカ(英語) us en
スペイン es es
フランス fr fr
イタリア it it
韓国 kr ko

 

gws_rd=cr

リダイレクトを無効にして、日本のGoogleサイトに強制送還されるのを防ぎます。

pws=0

プライベート検索を無効にします。
自分との関連性が高いコンテンツが検索結果に表示される機能をOFFにします。
省略してもOKです。


まとめ

ドメインと国名コードと言語コードを変えれば、海外のサイトを自由に見られて便利てすね。

Macでスペイン語のAEIOU(大文字と小文字)等のアクセント記号を入力する方法 – アンフィニ・ラボ

関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!