かな英数を変換するファンクションキーを使いやすくする【Mac】

Macで、かなと英数字を変換するファンクションキーを、Windowsのように標準的な設定に変更する方法を紹介します。

Macのファンクションキーは、デフォルトで音量調節や画面の明るさを変えられるような、特殊な機能向けの設定になっています。

  • デフォルトの設定の確認
  • 標準的な設定への変更
  • 変更後のファンクションキーの割り当て

の順に進んでいきます。


ファンクションキーの一覧(初期設定)

Macでデフォルトとして定義されているファンクションキーのリストです。

F1 : ディスプレイの輝度(明るさ)下げる
F2 : ディスプレイの輝度(明るさ)上げる
F3 : ミッションコントロールを起動する
F4 : ランチパッドを起動する
F5 : キーボードの輝度(明るさ)下げる(MacBookのとき)
F6 : キーボードの輝度(明るさ)上げる(MacBookのとき)
F7 : iTunes 前のトラックに戻す。長押しで早戻し。
F8 : iTunes 再生と一時停止
F9 : iTunes 次のトラックに進む。長押しで早送り。
F10 : ミュート
F11 : 音量を下げる。⌥ Option + ⇧ Shift + F11で微調整。
F12 : 音量を上げる。⌥ Option + ⇧ Shift + F12で微調整。

標準のファンクションキーに設定を変更する

メニューバー >  > システム環境設定… > キーボード を開きます。

Macでかな英数を変換するファンクションキーを使いやすくする設定

「キーボード」タブの「F1、F2などのキーを標準のファンクションキーとして使用」をチェックします。

設定は以上です。


変更後のファンクションキーの一覧

設定を変更したあとのファンクションキーの割り当てです。

F6 : 全角ひらがなに変換
F7 : 全角カタカナに変換
F8 : 半角カタカナに変換
F9 : 全角英数に変換
F10 : 半角英数に変換
F11 : デスクトップを表示
F12 : ダッシュボードを表示

元の機能は fn を押しながら で、実現します。


fn + F12 : ボリューム・アップ

最後に

ファンクションキーを変えてみて気が付きました。

無意識で結構、使っていました。

特に、この4つ。
F1 : 輝度ダウン
F2 : 輝度アップ
F11 : ボリューム・ダウン
F12 : ボリューム・アップ

変えてみてから気付くんですよね、大抵。


関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!