AirTagは誰が何につけるのか?何を見つける天才なのか

4月20日に発表された『AirTag』。

Apple製品にしては価格がお手頃なので購入しやすいというのはありますが、一体誰が何に装着してどんな困難な状況から探し出すのか。

気になりますね。

しかしながら、

「本体にGPSがついていないのに失くしたものを探せる仕組みがわからない」
「悪用されない?なんか怖い」

悪用する方法なら、真面目で従順で虫も殺せないおとなしい日本人の私でも30通りぐらい思いつきますが、きっと世界中のあらゆるタフな地域での販売実績を誇るAppleさんは十分な対策を立てていると信じています。




トランスフォームできそうなケース

個人的にはこのケースが気になって仕方がありません。
タイヤやロボットにトランスフォームできそうですね。

Apple AirTag ケース/カバー TPU PC 耐衝撃 保護カバー 、アップル エアタグ用の紛失防止 ロケーショントラッカー保護カバー

価格:1,975円
(2021/4/26 17:53時点)
感想(0件)

純正のケースはもちろん可愛くて気になりますが、他のケースもなんだかキラキラしていて、見ているだけで楽しいですね。

Apple Store でしか買えないの?

Amazon でも販売していますね。

最新 Apple AirTag

新品価格
¥3,800から
(2021/4/26 17:58時点)

最新 Apple AirTag 4個入り

新品価格
¥12,800から
(2021/4/26 17:59時点)




楽天で買うならポイントを貯めよう!

Rebatesお友達紹介キャンペーン

楽天で買うなら、リーベイツでRebates経由でApple製品を買うとポイントがたまります。

(私はMacBook Airを買うときに直接Apple Storeで買ってしまって大後悔しました。同じ轍を踏まれませんよう)

Rebatesお友達紹介キャンペーン

最後に

きっとアップル大好きな皆さんがこぞって購入されることと思います。

面白い使い方があれば買ってもいいかなって思っています。

よく言えば様子見、正直な話し、人の褌で相撲を取る目論見です。よくないですね、人として。


関連記事


コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください